Reflex iText Sample

機能説明 (1/5)

pageタグ

PDFドキュメントやページの属性についてpageタグを使って指定が可能です。pageタグは以下の属性を指定できます。

属性style属性内容初期値指定方法
idページ制御(なし)"_page-" に、ページ数、"even"、"odd"、"last"、固有名のいずれかを付加する。
stylepagesizeページサイズA4A0~A10, B0~B5, HAGAKI, NOTE, LEGAL, ARCH_E, ARCH_D, ARCH_C, ARCH_B, ARCH_A, FLSA, FLSE, HALFLETTER, _11X17, LEDGER のいずれか。
styleorientationページの向きportraitportrait(縦長)かlandscape(横長)のいずれか。
styleleft, right, top, bottom左、右、上、下の余白36数値
stylenodataページ制御の際、オフセットはカウントされるがエンティティのインデックスはカウントされない。(なし)"nodata"のみ記述
stylefooterページ数表示falsetrue/false
stylefontページ全体のデフォルトフォントHeiseiKakuGo-W5フォント名
stylefontfileページ全体のデフォルトフォントのファイルHeiseiKakuGo-W5フォントファイル名
stylefontencodeページ全体のデフォルトフォントのエンコード方法UniJIS-UCS2-Hフォントエンコード方法
stylefontenbeddedページ全体のデフォルトフォントを埋め込むかどうかfalsetrue/false
stylefontsizeページ全体のデフォルト文字サイズ。ただし、p、span、div、chunk、vchunk、paragraph、a、liタグに囲まれた文字のみ適用される。tdタグに記述された文字列には適用されない。12数値
stylecolorページ全体のデフォルト文字色。ただし、p、span、div、chunk、vchunk、paragraph、a、liタグに囲まれた文字のみ適用される。tdタグに記述された文字列には適用されない。#000000#xxxxxx
stylelinecolorページ全体のデフォルト罫線色#000000#xxxxxx
pageタグの属性 (ページに関する定義)

HTML互換タグ

Reflex iTextでは、HTML互換のタグを使ってテンプレートを記述することができます。

HTML互換タグと属性はそのまま記述することができます。互換ではないReflex iText独自の属性はstyle属性の中に記述します。

table, tr, td

tableタグではHTMLのように、行をtr、列をtdもしくはthで表現します。

属性style属性内容初期値指定方法
cols列数1数値
width幅の縮尺80%固定の数値、またはパーセント指定
cellpadding全体の縦の間隔0数値
cellspacingセル同士の間隔0数値
frame罫線voidvoid,above,below,hsides,vsides,lhs,rhs,box,border のいずれか。外枠のみの指定であり、内側の線はtdタグの属性で指定。
border枠線の幅1数値
bordercolor枠線の色ページで指定されたデフォルト罫線色#xxxxxx
bgcolor背景色#FFFFFF#xxxxxx
align表示位置centercenter, left, right のいずれか
stylewidths各列の幅(どれだけのカラムを割くか)(なし)列数分、割合をカンマでつないで指定。例)width: 3,4,4;
styleabsolutex, absoluteyページ内の絶対座標(なし)ページ左下を基点とし、テーブルの右上角の座標を指定。
stylefontテーブルのデフォルトフォント名(なし)フォント名。"$" + エンティティの項目名を指定することで、エンティティの内容を適用できる。
stylesizeテーブルのデフォルト文字サイズ(なし)数値
stylestyleテーブルのデフォルト文字スタイル(なし)bold(太字),italic(斜体),underline(下線),strikethru(取消線) 複数指定の場合カンマでつなぐ。
stylecolorテーブルのデフォルト文字色(なし)#xxxxxx
tableタグの属性

属性style属性内容初期値指定方法
stylefont行のデフォルトフォント名(なし)フォント名。"$" + エンティティの項目名を指定することで、エンティティの内容を適用できる。
stylesize行のデフォルト文字サイズ(なし)数値
stylestyle行のデフォルト文字スタイル(なし)bold(太字),italic(斜体),underline(下線),strikethru(取消線) 複数指定の場合カンマでつなぐ。
stylecolor行のデフォルト文字色(なし)#xxxxxx
trタグの属性

属性style属性内容初期値指定方法
alignセル内データの横方向の配置leftleft,center,right,justifyall(均等割付) のいずれか
valignセル内データの縦方向の配置toptop,middle,bottom,baseline のいずれか
colspan結合する列数1数値
rowspan結合する行数1数値
bordercolorセルの枠線の色ページで指定されたデフォルト罫線色#xxxxxx
bgcolorセルの背景色#FFFFFF#xxxxxx
heightセルの高さ。設定値が最低限保証され、文字の折り返しなどで超える場合はこれ以上の高さとなる。(なし)数値
styleleading文字の改行ピッチ16セル上枠と文字下部の距離を数値で指定。
styleborderwidthセルの罫線の太さ1数値
styleoffsetx, offsetyセル内の表示開始座標(なし)セル左下を基点とし、表示内容の左下の座標を指定。
stylespace表示文字列の文字間隔0数値
styleroundrighttop, roundrightbottom, roundlefttop, roundleftbottomセルの右上、右下、左上、左下の角を丸めるfalsetrue/false
styleroundrセルの角を丸める際の曲率1数値
stylelefttoprightbottom, righttopleftbottomセルの左上から右下、右上から左下へ斜線を引くfalsetrue/false
stylelinehscale, linevscaleセルの罫線を横、縦方向に拡大・縮小1中心からの倍率を指定。拡大時は1より大きな数値、縮小時は0.x。
styledoublelineセルの罫線を二重線にするfalsetrue/false
styleleft, right, top, bottom左、右、上、下の枠線falsetrue/false
stylenowrap改行しない。セルに収まる分のみ表示される。falsetrue/false
stylefontセルのデフォルトフォント名(なし)フォント名。"$" + エンティティの項目名を指定することで、エンティティの内容を適用できる。
stylesizeセルのデフォルト文字サイズ(なし)数値
stylestyleセルのデフォルト文字スタイル(なし)bold(太字),italic(斜体),underline(下線),strikethru(取消線) 複数指定の場合カンマでつなぐ。
stylecolorセルのデフォルト文字色(なし)#xxxxxx
td, thタグの属性

p, div, span

文字列を表示する場合、p, div, spanのいずれかのタグを使用します。 (上記タグで囲まなければ、デフォルトを含むレイアウト表示はされませんのでご注意ください。)

p, divタグの場合、文字列の後に改行が追加されます。spanタグの場合改行されません。

またp, div, spanタグには、id属性にエンティティの項目名を指定することで エンティティ項目の内容を表示できます。 配列の場合、項目名の後に "-添え字" を指定できます。二重配列の場合、さらに "-添え字" を指定できます。

属性style属性内容初期値指定方法
classスタイルシートのクラス名(なし)スタイルシートに対応する名称。
idエンティティ名(なし)"エンティティ名" + "-" + 添え字(二重配列は"-"でつなぐ)
stylefontフォントセル、行、テーブル、ページで指定されたデフォルトフォントフォント名。"$" + エンティティの項目名を指定することで、エンティティの内容を適用できる。
stylesize文字サイズセル、行、テーブル、ページで指定されたデフォルト文字サイズ数値
stylestyle文字編集セル、行、テーブルで指定された文字スタイルbold(太字),italic(斜体),underline(下線),strikethru(取消線) 複数指定の場合カンマでつなぐ。vertical:trueの場合指定しないこと。
stylecolor文字の色セル、行、テーブル、ページで指定されたデフォルト文字色#xxxxxx
stylenowrap改行しない。セルを超えて表示される。falsetrue/false
stylehscale文字の横幅割合11を基準とした割合。縮めるなら0.x、広げるなら1より大きな数字。
stylevertical縦書きfalsetrue/false
styleoffsetx, offsetyセル内の文字列表示開始座標(なし)セル左下を基点とし、表示内容の左下の座標を指定。

br

改行したい場合、brタグを使用します。<br/> と、必ず最後にスラッシュを入れてください。

page、table、td、p、div、span タグの属性指定サンプル

  • テンプレート (tabletdsample.html)
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
    <html>
    <head>
    </head>
    <body>
    
    <div class="_page" style="pagesize:B4; orientation:portrait; font:HeiseiMin-W3; fontsize:16; color:#0000EE; linecolor:#FF0000;">
        <table cols="3" width="90%" cellpadding="3" cellspacing="3" frame="box" bgcolor="#FFEC8B" align="left" style="widths:1,1,1;">
            <tr>
                <th style="right:true; bottom:true;">
                    <p>pタグ</p>
                </th>
                <th style="right:true; bottom:true;">
                    <div>divタグ</div>
                </th>
                <th style="right:true; bottom:true;">
                    <span>spanタグ</span>
                </th>
            </tr>
            <tr>
                <td style="space:1; right:true; bottom:true;" bordercolor="#551A8B">
                    <p id="text1" />
                    <p id="text2" style="font:HeiseiKakuGo-W5; size:13; color:#008B00; style:italic,underline;" />    <!-- 文字のフォント・サイズ・色を変更 -->
                </td>
                <td style="space:1; right:true; bottom:true;" bordercolor="#551A8B">
                    <div id="text1" />
                    <div id="text2" style="font:HeiseiKakuGo-W5; size:13; color:#008B00; style:italic,underline;" />    <!-- 文字のフォント・サイズ・色を変更 -->
                </td>
                <td style="space:1; right:true; bottom:true;" bordercolor="#551A8B">
                    <span id="text1" />
                    <span id="text2" style="font:HeiseiKakuGo-W5; size:13; color:#008B00; style:italic,underline;" />    <!-- 文字のフォント・サイズ・色を変更 -->
                </td>
            </tr>
            <tr>
                <td style="leading:20; space:1; right:true; bottom:true;">
                    <p id="text1" style="hscale:0.75"/>    <!-- 文字幅を縮小 -->
                    <p id="text2" style="hscale:1.25" />    <!-- 文字幅を拡大 -->
                </td>
                <td style="leading:20; space:1; right:true; bottom:true;">
                    <div id="text1" style="hscale:0.75" />    <!-- 文字幅を縮小 -->
                    <div id="text2" style="hscale:1.25" />    <!-- 文字幅を拡大 -->
                </td>
                <td style="leading:20; space:1; right:true; bottom:true;">
                    <span id="text1" style="hscale:0.75" />    <!-- 文字幅を縮小 -->
                    <span id="text2" style="hscale:1.25" />    <!-- 文字幅を拡大 -->
                </td>
            </tr>
        </table>
    
        <table cols="3" width="90%" frame="box" align="left" style="widths:1,2,3;" bordercolor="#8B2252">    <!-- セルの幅の割合と、テーブルの罫線色を変えてみます -->
            <tr>
                <td style="leading:20; space:1; right:true; bottom:true;">
                    <p id="text1"/>
                    <p id="text2"/>
                </td>
                <td style="leading:20; space:1; right:true; bottom:true;">
                    <div id="text1"/>
                    <div id="text2"/>
                </td>
                <td style="leading:20; space:1; right:true; bottom:true;">
                    <span id="text1"/>
                    <span id="text2"/>
                </td>
            </tr>
            <tr>
                <td style="leading:20; space:1; right:true; bottom:true;">
                    <p id="text1"/>
                    <p id="text2"/>
                </td>
                <td style="leading:20; space:1; right:true; bottom:true;">
                    <div id="text1"/>
                    <div id="text2"/>
                </td>
                <td style="leading:20; space:1; right:true; bottom:true;">
                    <span id="text1"/><br/>    <!-- 改行 -->
                    <span id="text2"/>
                </td>
            </tr>
        </table>
    
        <table cols="6" width="90%" frame="box" align="left">
            <tr>
                <td style="leading:20; space:1; bottom:true;">
                    <p id="text1" style="vertical:true;"/>    <!-- 縦書き -->
                </td>
                <td style="leading:20; space:1; right:true; bottom:true;">
                    <p id="text2" style="vertical:true; font:$font1;"/>    <!-- フォントをエンティティから指定 -->
                </td>
                <td style="leading:20; space:1; bottom:true;">
                    <div id="text1" style="vertical:true;"/>    <!-- 縦書き -->
                </td>
                <td style="leading:20; space:1; right:true; bottom:true;">
                    <div id="text2" style="vertical:true; font:$font1;"/>    <!-- フォントをエンティティから指定 -->
                </td>
                <td style="leading:20; space:1; bottom:true;">
                    <span id="text1" style="vertical:true;"/>    <!-- 縦書き -->
                </td>
                <td style="leading:20; space:1; right:true; bottom:true;">
                    <span id="text2" style="vertical:true; font:$font1;"/>    <!-- フォントをエンティティから指定 -->
                </td>
            </tr>
        </table>
    </div>
    
    </body>
    </html>
    
    
  • エンティティ (TableTd.java)
    package jp.reflexworks.test.model;
    
    public class TableTd {
    
        public String text1 = "文字列1";
        public String text2 = "文字列2";
    
        public String font1 = "MS-PGothic";
    
    }
    
    
  • XML (tabletd.xml)
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
    <tableTd>
        <text1>文字列1</text1>
        <text2>文字列2</text2>
        <font1>MS-PGothic</font1>
    </tableTd>
    
    
  • JSON (tabletd.json)
    {"tableTd" :
        {"text1" : "文字列1",
         "text2" : "文字列2",
         "font1" : "MS-PGothic"
        }
    }
    
    
  • サンプル実行
  • Reflex iText 実行結果
    TableTdSample実行結果
  • 注意点

    p, divタグには改行が入るため、レイアウト調整が難しくなります。文字列の表示にはspanタグをお勧めします。

font

Reflex iTextであらかじめ用意されているフォントは、以下の通りです。(すべて参照型)

  • HeiseiKakuGo-W5
  • HeiseiMin-W3
  • KozMinPro-Regular

上記以外のフォントを指定する場合、fontタグでフォントを定義します。(div class="_font")

属性style属性内容初期値指定方法
idフォント名。以降このフォントを使用する場合、ここで定義した名前を指定する。(なし)文字列
stylesrcフォントファイル(なし)フォントファイルのパス
styleencodeフォントのエンコード方法IDENTITY_H文字列
styleenbeddedフォントを埋め込むかどうかfalsetrue/false

a

リンクを指定したい場合、aタグを使用します。

aタグに囲む文字列は、span,div,pのいずれかで囲んでください。

属性style属性内容初期値指定方法
name名前(なし)文字列
hrefリンク先(なし)リンク先URLの文字列
aタグの属性

aタグサンプル

  • テンプレート (anchorsample.html)
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
    <html>
    <head>
    </head>
    <body>
    
    <div class="_page" style="pagesize:B5; orientation:landscape;">
        <table>
            <tr>
                <td>
                    <a href="http://reflex.sourceforge.jp/index.html">
                        <span size="18" style="style:underline; color:#0000FF;">Virtual Technology's site</span>
                    </a>
                </td>
            </tr>
        </table>
    </div>
    
    </body>
    </html>
    
    
  • Reflex iText 実行結果
    AnchorSample実行結果

ul, ol, li

リスト表示したい場合、ul, ol, liタグを使用します。

liタグに囲む文字列は、span,div,pのいずれかで囲んでレイアウトを編集してください。シンボルはulまたはolタグでレイアウト編集できます。

属性style属性内容初期値指定方法
typeulの場合固定文字。olの場合項目番号。ulの場合 - 。olの場合 1 。ulの場合任意の一文字。olの場合、1, A, a のいずれか。
startolの場合に使用。項目番号の開始文字。1, A, a のいずれかtype未指定もしくは1の場合数字。typeがA, a の場合開始したいアルファベット。
stylesymbolindent数値(11.0ぐらいをデフォルトでセットしないと重なってしまう)(なし)true/false
stylefontシンボルのフォントページで指定されたデフォルトフォントフォント名
stylesizeシンボルのフォントサイズページで指定されたデフォルトフォントサイズ数値
stylestyleシンボルのスタイル(なし)bold(太字),italic(斜体),underline(下線),strikethru(取消線) 複数指定の場合カンマでつなぐ。
stylecolorシンボルの文字色ページで指定されたデフォルト文字色#xxxxxx
ul, olタグの属性

属性style属性内容初期値指定方法
styleleading文字の改行ピッチ16セル上枠と文字下部の距離を数値で指定。
liタグの属性

ul, ol, li タグのサンプル

  • テンプレート (uolistsample.html)
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
    <html>
    <head>
    </head>
    <body>
    
    <div class="_page" style="pagesize:B5; orientation:portrait;">
        <table width="150" align="left" cellpadding="2">
            <tr>
                <td style="left:true; right:true; top:true; bottom:true;">
                    <span>ulサンプル</span>
                </td>
            </tr>
        </table>
        <table frame="box" align="left" cellpadding="2">
            <tr>
                <td>
                    <ul style="symbolindent:11;">
                        <li><span id="uoarrayData-0"/></li>
                        <li><span id="uoarrayData-1"/></li>
                        <li><span id="uoarrayData-2"/></li>
                    </ul>
                </td>
            </tr>
        </table>
        <table>
            <tr>
                <td>
                    <br/>
                </td>
            </tr>
        </table>
        <table width="150" align="left" cellpadding="2">
            <tr>
                <td style="left:true; right:true; top:true; bottom:true;">
                    <span>olサンプル</span>
                </td>
            </tr>
        </table>
        <table frame="box" align="left">
            <tr>
                <td>
                    <ol style="symbolindent:11;">
                        <li><span id="uoarrayData-0"/></li>
                        <li><span id="uoarrayData-1"/></li>
                        <li><span id="uoarrayData-2"/></li>
                    </ol>
                </td>
            </tr>
        </table>
        <table>
            <tr>
                <td>
                    <br/>
                </td>
            </tr>
        </table>
        <table width="150" align="left" cellpadding="2">
            <tr>
                <td style="left:true; right:true; top:true; bottom:true;">
                    <span>ulサンプル 属性指定</span>
                </td>
            </tr>
        </table>
        <table frame="box" align="left" cellpadding="2">
            <tr>
                <td>
                    <ul type="●" style="symbolindent:11; size:9; color:#EE9A00;">
                        <li style="leading:20; indentationleft:0.5;"><span id="uoarrayData-0"/></li>
                        <li style="leading:20; indentationleft:0.5;"><span id="uoarrayData-1"/></li>
                        <li style="leading:20; indentationleft:0.5;"><span id="uoarrayData-2"/></li>
                    </ul>
                </td>
            </tr>
        </table>
        <table>
            <tr>
                <td>
                    <br/>
                </td>
            </tr>
        </table>
        <table width="150" align="left" cellpadding="2">
            <tr>
                <td style="left:true; right:true; top:true; bottom:true;">
                    <span>olサンプル 属性指定</span>
                </td>
            </tr>
        </table>
        <table frame="box" align="left">
            <tr>
                <td>
                    <ol type="a" start="f" style="symbolindent:11; style:bold,italic;">
                        <li style="leading:20; indentationright:5;"><span id="uoarrayData-0"/></li>
                        <li style="leading:20; indentationright:5;"><span id="uoarrayData-1"/></li>
                        <li style="leading:20; indentationright:5;"><span id="uoarrayData-2"/></li>
                    </ol>
                </td>
            </tr>
        </table>
    </div>
    
    </body>
    </html>
    
    
  • エンティティ (UOArrayList.java)
    package jp.reflexworks.test.model;
    
    import java.util.ArrayList;
    import java.util.List;
    
    public class UOArrayList {
    
        public static List uoarrayData;
    
        static {
            uoarrayData = new ArrayList();
    
            UOArray uoArray = new UOArray();
            uoArray._$$text = "基本説明";
            uoarrayData.add(uoArray);
            uoArray = new UOArray();
            uoArray._$$text = "サンプル付機能説明";
            uoarrayData.add(uoArray);
            uoArray = new UOArray();
            uoArray._$$text = "応用説明";
            uoarrayData.add(uoArray);
        }
    
    }
    
    
  • エンティティ (UOArray.java)
    package jp.reflexworks.test.model;
    
    public class UOArray {
    
        public final int _$$col = 0;
        public String _$$text;
    
        public int get_$$col() {
            return this._$$col;
        }
    
        public String get_$$text() {
            return this._$$text;
        }
    
        public void set_$$text(String _$$text) {
            this._$$text = _$$text;
        }
    
    }
    
    
  • JSON (uoarraylist.json)
    {"uoarrayList" :
        {"uoarrayData" :
            ["基本説明",
             "サンプル付機能説明",
             "応用説明"]
        }
    }
    
    
  • サンプル実行
  • Reflex iText 実行結果
    UOListSample実行結果

img

画像を表示します。

属性style属性内容初期値指定方法
src画像ファイルの配置場所(なし。必須)url。http指定も可能。
width画像の幅。plainwidthの方が優先される。(なし)数値
height画像の高さ。plainheightの方が優先される。(なし)数値
styleplainwidth画像の幅。widthより優先される。(なし)数値
styleplainheight画像の高さ。heightより優先される。(なし)数値
stylerotation回転0数値
styleabsolutex, absoluteyページ内の絶対座標(なし)ページ左下を基点とし、画像の左下角の座標を指定。
imgタグの属性

imgタグのサンプル

  • テンプレート (imgsample.html)
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
    <html>
    <head>
    </head>
    <body>
    
    <div class="_page" style="pagesize:B5; orientation:landscape;">
        <img src="jp/reflexworks/test/image/vteclogo.jpg" width="200.0" height="90.0"
            style="absolutex:0; absolutey:0; "/>    <!-- 絶対座標指定 -->
        <img src="jp/reflexworks/test/image/vteclogo.jpg" width="200.0" height="90.0"
            style="absolutex:100; absolutey:100; rotation:1;"/>    <!-- 回転 -->
    </div>
    
    </body>
    </html>
    
    
  • Reflex iText 実行結果
  • サンプル実行
ImgSample実行結果

前へ << >> 次へ